ドル円のエントリーします

ついに投資すると時という場合には第一に下調べをおろそかにしてはいけません。http://webmania.to

トレードを行う前であれば、起こる事を客観的に調査する事が可能です。

ところが、いっぺんマーケットの内側へ足を踏み入れると、どうしても受け取り方が客観性を欠くものになってしまいがちで、ちゃんとした状況がわからなくなる恐れが生じる。

だから己の考えが論理的な状況でしっかりと準備する事が必要です。

”事前準備”とは、最初は自分だけの物語を作る事からスタートします。

未来の相場はああだから円を売買するといった、あなたなりの物語を描いていきます。

次に大事なのは時間足チャートを確認しましょう。

マーケットの上げ下げを見定めて現時点の相場を見ます。

そうすれば、「ひどく低い場面だ」そうでなければ「今となっては多数の方々が勝負している今から遅れて買い(または売り)しても今となっては遅すぎるな」などと見えてきます。

当然、売り(または買い)するが遅いと思ったら、売買しないで、それはきっぱりと吹っ切ることが不可欠です。

どうやっても自身の物語を貫いて吹っ切らずに売買すると外国為替相場に跳ね返されてしまい逆に損することになるリスクがあります。

とは言っても大体の場合では用意周到に自分自身の台本を考えていれば、取引がなすすべがないという場面にはなりません。

たぶん、実際に外国為替市場が変化する前の状況のはずです。

更に、差し当たり自分が取引しようとしているポジションの変化を、正確に確かめる事が大事です。

もしも、ドル高になるという台本を描いたのであれば該当する外貨の変化に気をつけておきます。

相場の動きをチェックし始めた状況ではまだまだはっきりと上げ下げする兆しを見せず上下に小幅な上下動をしているだけでしょう。

しかし、その動きをちゃんとチェックしていると、あるポイントで着実に、ドル高へと変動し始めます。

この状況で、ドル円のエントリーします。

普通、ここまで念入りに計画をすれば、そのトレードで利益を上げる率は高まります。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.szetoszeto.com All Rights Reserved.